正社員としてフィットネスの受付で働くメリットや求人探しについて

フィットネスで働きたいと考えている人の中には、正社員として受付の仕事がしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。フィットネスの受付ではどんな仕事をするのか、アルバイトの違いや自分に合ったフィットネス選びのポイントについて紹介しますので、フィットネスの受付の求人探しをする前にチェックしてみて下さい。

フィットネスの仕事って?

フィットネスの仕事には大きく分けてインストラクターと受付があります。インストラクターはメンバーにマシンの使い方を指導したり、それぞれのメンバーに合ったメニューを作成してアドバイスをしたりします。安全にトレーニングが行われているか、プールなどで監視業務を行うのもインストラクターの仕事です。

主にフロントでの対応業務となるのが受付の仕事です。トレーニングにやってくるメンバーのチェックインやチェックアウトの受付、新規入会希望者へのシステムの説明や、入会手続き業務、フロントでのフィットネス用品やサプリメントなどの販売などの仕事が中心となります。

それ以外にもかかってきた電話の対応や館内アナウンス、パーソナルトレーニングの受付、清掃スタッフがいないフィットネスの場合は清掃業務も受付が行う場合があります。

フィットネスの正社員とアルバイトの違いとメリットについて

フィットネスの受付の雇用形態には、正社員とアルバイト、パートがあります。フィットネスによってはアルバイトやパートは正社員の補助的な業務を行うところもありますが、基本的な仕事内容は一緒と考えて良いでしょう。

正社員とアルバイトの違いとしてまず挙げられるのが雇用期間についてです。アルバイトの場合は雇用期間が決まっていることが多いので、受付の仕事をずっと続けられるかはわかりません。正社員ならよほどのことがない限り働き続けることが可能という安心感があります。

正社員とアルバイトでは給料面でも大きな違いがあります。基本的に正社員は固定給、アルバイトは時給と働いた時間によって給料が変わってきます。勤務時間によってはアルバイトの方が稼げる場合がありますが、正社員にはボーナスや退職金があります。

アルバイトにもボーナスを支給するフィットネスもありますが、金額に差があるのでトータルでは正社員の方が稼げることが多くなっています。また、雇用保険や社会保険の加入、有給休暇の取得といった福利厚生面も正社員とアルバイトでは差が出やすいポイントです。

この他にもフィットネスによっては正社員とアルバイトで待遇に大きな差があることが多くなっているので、待遇面に関しては正社員の方がアルバイトよりもメリットが大きいと言えるでしょう。

フィットネスにはどんな種類があるの?

数多くのフィットネスがありますが、大きく全国展開している大手のフィットネス、限られた地域で展開している中小のフィットネスに分けることができます。大手のフィットネスの特徴として、研修制度などがしっかりしているので、未経験でも安心して働けるという点が挙げられます。

福厚生面が充実しているのも大手のフィットネスの特徴です。中小のフィットネスの中にも研修制度を用意しているところがありますが、先輩社員から指導を受けたりして仕事を覚えるスタイルが多くなっています。限られた地域での展開ということで、店舗内での異動があっても、生活スタイルをあまり変えずに済むというメリットがあります。

仕事の忙しさは大手と中小の違いというよりも、働く時間帯や曜日によって変わってきます。受付の仕事もフィットネスにやって来る人が多い時間帯ほど忙しくなるため、メンバー数の多い大手でも比較的暇な時間帯や曜日がありますし、逆に中小でも普段より忙しくなることがあります。

特に中小の場合は、大手よりも少ない人数で営業していることが多いので、時間帯や曜日によっては負担が大きくなることがありますが、アットホームな雰囲気でシフトの変更など融通が利きやすいというメリットもあります。

また、フィットネスの中には24時間営業しているところや、女性専門となっているところもあり、働き方などそれぞれのタイプで違ってきます。

フィットネスの受付で働く場合に気をつけたいポイント

どんな仕事でも働く上で気をつけなければならないポイントがありますが、フィットネスの受付の場合は次のような点が挙げられます。一つは接客業ということを意識して働くという点です。受付の対応が悪いと、入会希望で初めて来店する人に悪い印象を与えることになりますし、トレーニング目的で来店するメンバーのやる気にも影響する場合があります。

プライベートで嫌なことがあったり、苦手なメンバーが来店した場合も、笑顔でさわやかに対応しなければなりません。好印象を与えるためには、対応の仕方以外に身だしなみも重要なポイントとなります。フィットネスの中には受付の身だしなみについて細かい規則が決められているところもありますが、特に規則が決まっていなくても、派手な髪型やメイク、長く伸ばした爪などは避けた方が良いでしょう。

また、フィットネスの受付は受付業務だけわかっていれば良いというわけではありません。受付であってもトレーニングの進め方や効果など、フィットネスに関する幅広い地域が求められるというのも知っておきたいポイントです。

受付だからフロントに来た人の対応をしていれば良いので楽そうという考えだと、働き続けるのが難しい場合があります。

フィットネスウォッチの選び方

自分に合うフィットネスを探すには?

フィットネスの受付で正社員として働くことを決めたら、求人に応募するフィットネス選びが重要になってきます。研修制度が充実しているフィットネスを希望するなら大手がおすすめですし、地元を離れたくないなら遠い地域への転勤が無い地元密着型のフィットネスが良いでしょう。

また、フィットネスの営業時間によって勤務時間もそれぞれ違ってきます。フィットネスによっては二交代制、三交代制となっていて早朝や夜間勤務があったり土日勤務もあります。中には日勤のみや、土日休みで募集しているフィットネスの受付の求人もあるので、勤務条件について希望がある場合は、求人サイトを使って希望の条件で検索してみると良いでしょう。

フィットネスやスポーツクラブに特化した求人サイトなら、求人数も豊富なので希望に合うフィットネスを見つけやすくなるのでおすすめです。